私の知ってるこのバイトのメリット、デメリット。

工場で働く場合はどんなメリットとデメリットがあるのか

ほとんどのアルバイトにはメリットとデメリットが一緒に存在しています。たとえば、仕事が楽で時給は高いバイトというのはまずなく、時給は高くても体力的、精神的にきつい仕事か、仕事は楽でも時給が安くてまとまったお金を稼げないものがほとんどです。
では、工場で働くバイトには、どのようなメリットとデメリットか存在しているのでしょうか。まず、工場での仕事といっても、職種はいろいろあります。その中で、ラインに入って組み立てを行うという仕事が代表的なので、バイトで作業員の仕事をする場合のことを取り上げてみましょう。
まず、メリットは安定した環境で仕事ができるということです。働く曜日、時間が毎日同じで、作業内容もだいたい一緒です。

単調な仕事が多いのはメリットでもありデメリットでもある

また、仕事の内容と時給のバランスが比較的いいことも大きなメリットでしょう。もちろん、体力的にきつい工場内での組み立て作業もありますが、基本的には重い物を持ち運ぶといったことはなく、ねじで部品を留めるといった簡単な作業が多いです。
では、デメリットにはどのようなものがあるでしょうか。まず、作業が単調であるということです。そういう仕事が好きな人にとってはメリットですが、同じことを毎日繰り返すのが嫌という人にとってはかなりつらいです。
次に立ち仕事が多いということが挙げられます。工場では座ってできる作業は女性が担当することが多く、逆に、男性のアルバイトはずっと立ちっぱなしのことが多いため、男性が工場でバイトする場合は脚のメンテナンスをしっかりする必要があります。